BLOG

ブログ

こんにちは( ^^) _U~~

FITNESS GYM ARMYのアヤミです。

トランス脂肪酸、オメガ脂肪酸って聞くけれどどんなものなのか・・・脂肪酸にも色々な種類があって分からない!

という方に見て頂きたい内容です。

そもそも、脂肪酸とは脂質の主要な構成要素になります。

脂肪酸は、いくつかの種類に分かれます。

飽和脂肪酸(一般的に固形)

牛脂やラード、バターなど動物性に多く含まれます。その他、卵黄、チョコレート、牛乳などにも含まれます。沢山摂取してしまうと、悪玉コレステロールが増えて、病気に繋がりやすいです。

【脂肪酸名】ステアリン酸・ラウリン酸・パルミチン酸など

不飽和脂肪酸(常温で液体)

①一価不飽和脂肪酸

[オメガ9脂肪酸]オリーブオイルに多く含まれているオレイン酸は、悪玉コレステロールを減らす働きがあります。

②多価不飽和脂肪酸

[オメガ3脂肪酸]亜麻仁油やえごま油に含まれるα-リノレン酸、青魚に多く含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)は、脳の働きを維持したり、血液中の中性脂肪を減らす働きがあります。体にとっても重要で、目安量摂取が好ましい脂肪酸になります。

[オメガ6脂肪酸]

大豆油やごま油などに含まれるリノール酸、肝油やレバーなどに含まれるアラキドン酸は、悪玉コレステロールを減らす働きがあります。しかし、過剰に摂取するのはリスクもでてくるので、意識して摂取する必要はないようです。

トランス脂肪酸

マーガリン、ショートニングなど植物油を高い温度にする工程で作られる脂肪酸になります。市販のパンやケーキ、ドーナツ、揚げ物などに含まれることが多いです。トランス脂肪酸は、身体への悪影響が大きく、生活習慣病になりやすくなってしまう為、摂取には注意が必要です!

まとめ

優先的に摂取したいのが、オメガ3脂肪酸になります。体に良いだけでなく、トレーニングをする方にとっては嬉しい「筋肉にも効果がある」とされています。DHA・EPAは青魚(マグロ、サバ、サンマ、ブリなど)に多く含まれますので、積極的に摂取しましょう♪

一価不飽和脂肪酸オメガ6脂肪酸は、体に良い面もありますが、リスクもあるので過剰摂取には気を付けましょう。

気を付けたいのが、トランス脂肪酸、飽和脂肪酸です!固形の油には気を付けましょう。

なんでもバランスが大切なので、摂取しなすぎでもなく、摂取しすぎでもなく、バランスよく食事に取り入れましょう。

 

YouTubeやってます!動画はこちら
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

チャンネル登録よろしくお願いします!

– この記事を書いた人 –

ARMY富岡店 STAFF兼トレーナー

今井 綾美
いまい あやみ

・ジャザサイズインストラクター
・ヨガインストラクター
・ファンクショナルアナトミー

・赤十字ベーシックライフサポーター 

今歳の目標

順手の懸垂三回できるようにするっ!!

富岡市のフィットネスジム顧客満足度

1

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。