BLOG

ブログ

糖質は悪者!?

皆さんは糖質というとどんなイメージですか?

「糖質制限」「糖質OFF」「ローファット」何かしら身近で聞いたことがあるかと思います。

糖質とは身体にとって、悪いだけなのでしょうか?今日は、糖質について話していこうかと思います。

私たちが主食で食べているものは、ほとんど炭水化物(糖質+食物繊維)になります。

お米、パン、うどん、芋、砂糖、果物。。。

そんな糖質はダイエット中には悪者扱いされがちですが、身体を維持するのに重要な栄養の一つでもあります。

そこで、大事になるのが摂取量!!バランス!!です。

取りすぎるとどうなるでしょうか?

糖質の多くは消化吸収、ブドウ糖に分解され血液を通して全身へ運ばれエネルギーになります。

そして余分なブドウ糖が脂肪になり、体脂肪として蓄えられるのです。取りすぎは、太ってしまいます。

逆に取らなすぎるとどうなるでしょう?

糖質が不足すると、糖新生と言って糖質の不足分を補うために、体内で糖を新しく合成するのです。

つまり、筋肉量が減ってしまいます。

 

そうなると、せっかく鍛えた筋肉がもったいないです!

糖質は取りすぎてもいけませんが、取らなすぎても良くないです。

つまり、糖質は必ずしも悪者ではないのです!!皆さん、バランスよく摂取していきましょう。

YouTubeやってます!動画はこちら
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

チャンネル登録よろしくお願いします!

– この記事を書いた人 –

ARMY富岡店 STAFF兼トレーナー

今井 綾美
いまい あやみ

・ジャザサイズインストラクター
・ヨガインストラクター
・赤十字ベーシックライフサポーター

趣味

筋トレ、ウォーキング、ヨガ、温泉

特技

ダンス、ランニング

富岡市のフィットネスジム顧客満足度

1

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。