BLOG

ブログ

 

 

筋肉痛がある時はトレーニングしてもいい?

今回もお客様から最近聞かれることが多い質問に対して、この場を借りてご紹介していこうと思います。

「筋肉痛がある場合でもトレーニングはしていいの?」

トレーニング初心者の方の多くは疑問に思う方が多いみたいです。

筋肉痛とはなんなのか?ということを理解して行えば、筋トレの効果も上がっていきますので是非最後までご覧ください!

筋肉痛の時はトレーニングはあり?なし?

まず、筋肉痛とはトレーニングによって筋繊維が傷つき炎症を起こしている状態のこといいます。

筋肉痛がある時にトレーニングをしてしまうと筋肉が元の状態以上に戻っていない可能性があります。

その中でトレーニングをしてしまうと筋力低下に繋がる可能性があるためしっかりと休息を取りましょう。

ですが、筋肉痛がない箇所もあると思います。

筋肉痛がある部位は避けてトレーニングを行えば問題ありません!

筋トレと超回復の関係性

「超回復」という言葉をみなさん聞いたことはありますか?

超回復とは、トレーニングによって筋繊維が損傷し、適切な休息時間を取ることにより以前よりも筋力が向上したり筋肥大を起こす現象のことをいいます。

この超回復は一般的に48~72時間(2日~3日)の休息が効果的とされます。

部位によってはもう少し短い場合もありますが大体これくらいになります。

筋肉が十分に回復せずまた同じ部位のトレーニングしてしまうとパフォーマンスが低下し筋肉が成長しません。

反対に間隔がかなり空いてしまうと筋肉が元の状態に戻ってしまうので、定期的にトレーニングは行っていきましょう。

まとめ

超回復はあくまで理論にすぎません。

トレーニングの内容や身体のつくりなどによって回復の期間も変わります。

超回復に72時間以上かかることもありますので、その場合はその部位はしっかりと休め他の部位に専念しましょう。

最後まで見ていただきありがとうございました。

– この記事を書いた人 –

ARMY富岡店 STAFF兼トレーナー

今井 綾美
いまい あやみ

・ジャザサイズインストラクター
・ヨガインストラクター
・赤十字ベーシックライフサポーター

趣味

筋トレ、ウォーキング、ヨガ、温泉

特技

ダンス、ランニング

富岡市のフィットネスジム顧客満足度

1

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。